お仕事コラム

寮付きのキャバクラのメリット・デメリット

上京してキャバクラで働きたいという人にとって魅力的なのが「寮完備」の求人です。
お仕事と住む場所がすぐに見つけられるというこうした求人は、すぐに上京して働きたいという方や中々住む場所を見つけられないという方に人気があります。
しかし、寮に入って後悔したという声もありますので、寮付きの求人を選ぶ時はメリットとデメリットを把握してから応募するようにしましょう。

まずメリットは保証人や敷金礼金などの用意が不要という点です。通常お部屋を借りる時は敷金礼金、そして連帯保証人が必要になります。
敷金礼金だけならまだ不要というお部屋を見つけるのは難しくないですが、保証人が不要のお部屋というのはまだ少ないです。
上京して水商売で働きたいと思う方にはいろいろな事情がありますので、中には保証人を用意できないという場合もあると思います。キャバクラの寮では保証人が不要なことが多いので頼める人がいなくても安心です。
また水商売をしている場合、それを理由にお部屋が借りられないということはよくあります。水商売は収入が安定しない職業ですし、夜中に人の出入りが多かったりすることで他の住民からのクレームやトラブルが起こりやすいためです。
キャバクラの寮ならキャバ嬢向けに用意されているお部屋なので入居を断られるということはありません。

ではデメリットはどういった面かというと、まず寮に住み続けるのなら働くお店を変えることができません。
お店が用意している寮に住んでいる訳なのでこれは当たり前ですね。たとえお店が合わないと思ってもすぐに簡単に辞められないのです。
また周辺のお部屋の家賃相場よりも寮費が高くなっている場合があります。これは他に入居していない分のお部屋の家賃もお店が負担しているので、今入居している子たちの寮費を高めに設定しているというのが理由です。