お仕事コラム

相槌を極めて会話を続けよう

「お客様と何を話せばいいのかわからない」と会話を苦手と感じるキャバ嬢は多いです。
キャバ嬢のお仕事はお客様の話を聞くことです。少しのきっかけを作ってお客様に話をしてもらうようにするためには、気持ちよく話をしてもらう必要があります。
この気持ちよく話をしてもらうのに重要なのが「相槌」です。相槌を極めてお客様に気持ちよく話をしてもらう状態を作れれば、毎回たくさんの会話のネタを考えなくても済むようになります。

会話するのは苦手だけどナンバー入りしているというキャバ嬢の多くは、この相槌を打つのが上手です。
ちょっとした話なら小さく「うんうん」とうなずきながら相槌を打ち、お客様が自慢していることや褒めて欲しそうなことなどの大きな話には「え〜!」「すごーい!」と少し大げさに相槌を打ってみましょう。
どんな話題に対しても同じような相槌ばかり打っていると、逆にお客様に「この子は適当に話を聞いているんじゃないか」と思われてしまいますし、気持ちよく話ができません。

相槌が出来るようになるだけで会話に対する苦手意識も少しつつ減っていくと思います。
会話が苦手と感じている子は、まず相槌を極めるところからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。