お仕事コラム,  キャバクラ最新情報

来店率ダウン!?NGな営業メールとは

キャバ嬢のお仕事の一つである営業活動は、お客さんをお店に呼ぶために欠かせないお仕事の一つです。
しかし中には「営業メールを頑張って送ってるけど全然お客さんが来てくれない・・・」という子もいると思います。
そういう子はもしかしたらお客さんが来たくなくなってしまうような、NGな営業メールを送ってしまっている可能性があるのです。

例えば「今後はいつお店に来てくれる?」「○日と×日出勤してるよ〜」というような、あからさま過ぎる内容の営業メールはNGとなります。
確かにお客さんもキャバ嬢からくるメールは営業だということは分かっていますが、キャバ嬢とはあくまでも擬似恋愛を楽しんでいます。それなのに営業と隠す努力もない営業メールをもらうと萎えてしまうんですね。
「このキャバ嬢は疑似恋愛の駆け引きも楽しませてくれない」と思われてしまうと、来店されることはないでしょう。

また、自分勝手すぎるメールも嫌がられてしまいます。
例えばメールを送る時間帯にも気をつけなければなりません。深夜などにメールを送ってしまうのはお客さんのことを考えていません。
お昼頃なら大丈夫というお客さんが多いですが、一番良いのは連絡先を交換した時に何時ごろなら連絡が迷惑にならないかを聞いておくことです。
メールの内容も自分本位になりすぎないよう気をつけてください。
日記のようなメールを送る子がいますが、お客さんからしたらどうでもいいですし、返事を出しづらいです。もし「映画見てきた」という旨の内容を送るつもりなら、「今日は映画見てきたよ!○○さんはどんな映画が好き?」というように、お客さんのことも意識した内容で送りましょう。